学校での音楽利用について Q&A集

学校行事・部活動編

授業などで音楽を利用する場合は、一定情報の下で音楽や歌詞カードのコピーが許されています。では、その条件とは?以下のQ&Aを、音楽を正しく利用する参考にしてください。

Q1 昼休みに校内放送で音楽CDをそのまま流したいのですが、許可は必要ですか?
A1
「営利を目的としない上演等」は権利制限の対象とされているため、許可はいりません。
詳細はこちらをご覧下さい。「営利を目的としない著作物の上演等」(権利制限)
Q2 課外活動のブラスバンド部で、部員に聴かせるために課題曲を編集したCD-Rを作成したいのですが、許可は必要ですか?
A2 許可が必要です。課外の部活動や任意の指導は、授業とは認められていません。もちろん、CDを編集せずにそのまま流すことは問題ありません。
Q3 学校の放送部が放送コンテストに応募することになりました。BGMに音楽CDを使いたいのですが、許可は必要ですか?
A3 許可が必要です。コンテストへの応募は授業の一環とは認められず、「学校その他の教育機関における複製」に関する権利制限は適用されませんので、音楽CDの権利者の窓口に連絡し、許可を得てください(通常の場合、権利者の窓口は、作詞・作曲家については音楽著作権の管理事業者実演家レコード製作者については発売レコード会社となります)。なお、大会主催者が著作物等の利用に関する申請についてのガイドラインや申請用の書式を準備していることがありますので、その点を大会主催者に確認してください。
Q4 体育祭のダンスがとてもよくできたので、収録した映像を学校のホームページで紹介したいのです。音楽CDの曲に合わせて踊ったのですが、アップロードしても大丈夫でしょうか?
A4 許可が必要です。学校のホームページへのアップロードは授業の一環とは認められず、「学校その他の教育機関における複製」に関する権利制限は適用されませんので、音楽CDの権利者の窓口に連絡し、許可を得てください(通常の場合、権利者の窓口は、作詞・作曲家については音楽著作権の管理事業者実演家レコード製作者については発売レコード会社となります)。
Q5 私のクラスが文化祭の演劇で校長賞をとりました。その劇をホームビデオにとっていた保護者の方が、好意でクラスの人数分DVDにコピーしようと申し出てくれました。その劇ではBGMに音楽CDの曲を利用していたのですが、これは許可が必要なケースですか?
A5 許可が必要です。保護者自身がそれぞれホームビデオで撮影することは「私的使用のための複製」に関する権利制限が適用されるため、権利者の許可を得る必要はありません。しかし、文化祭の記録をコピーしてクラスに配ることは「私的使用のための複製」の範囲外ですので、音楽CDの権利者の窓口に連絡し、許可を得てください(通常の場合、権利者の窓口は、作詞・作曲家については音楽著作権の管理事業者実演家レコード製作者については発売レコード会社となります)。
Q6 運動会で音楽CDを流したいのですが、当日の円滑な運営のために、一枚のCD-Rにコピー・編集しておきたいのですが、可能ですか?
A6 許可はいりません。運動会は授業として認められているため、「学校その他の教育機関における複製」に関する権利制限が適用されます。
Q7 運動会は授業の範囲と認められるようですが、その他の学校の行事で授業の範囲と認められるものにはどのようなものがあるでしょうか?
A7 特別教育活動である学校行事、または学校の教育計画に基づいて行われるものが授業の範囲と認められます。具体的に、初等・中等教育では運動会や林間学校などが含まれますが、課外活動である部活動は授業には当たりません。また、大学については講義、実験、実習、体育実技、ゼミなどが含まれます。また文化祭も授業の一環で行われるものについてはコピーが認められます。他方、生徒や学生の自主的な活動として文化祭が行われる場合は、この限りではありません。
運動会でPTAの有志がダンスを披露してくれることになりました。その練習のためにBGM用の音楽CDをコピーして仲間内で配っていました。運動会のためだから問題ないですよね?
許可が必要です。運動会は授業として認められていますが、保護者の方たちは授業を受ける者ではないため、「私的使用のための複製」に関する権利制限も適用されません。

詳細はこちらをご覧ください。「教育機関で認められる音楽の利用のしかた」