結婚披露宴等での音源使用について

結婚披露宴等での音源使用について

結婚披露宴等の演出・記録を目的として制作する録音録画物に市販音源を複製して利用する場合は、権利者の許諾が必要です。当協会ではブライダルコンテンツ制作を目的とする市販音源の使用について、レコード会社から委託を受けて権利処理手続きを行っております。

◇対象となるコンテンツ

音声演出コンテンツ 結婚式・披露宴等の会場で利用するBGM
映像演出コンテンツ

結婚式・披露宴等で上映するオープニング・エンドロールムービー、プロフィールムービー、余興映像などの映像演出コンテンツ

記録ビデオ 結婚式、披露宴等の模様を撮影した記録映像

ブライダルコンテンツに音源を複製するための手続き

ブライダルコンテンツに市販音源を複製する場合、「著作権(作詞家・作曲家などが有する権利)」と「著作隣接権(レコード製作者や歌手・演奏家などが有する権利)」両方の手続きが必要です。
一般社団法人音楽特定利用促進機構(ISUM)が、著作権等管理事業者・当協会の窓口業務を代行しているため、ISUMを通じて申請されると、著作権・著作隣接権の手続きを一括で行うことができます。

フローチャート

申請方法

◇ISUMへの申請

ISUMホームページの「楽曲一覧」に使用したい音源があるかを確認してお手続きください。
(使用したい音源がない場合はリクエスト可能ですが、許諾不可となる場合があります)

詳細につきましてはISUMのWebサイトにてご確認ください。

一般社団法人音楽特定利用促進機構(ISUM)

※ISUMへの申請がご利用できない場合は当協会にて申請を承ります。以下リンク先の手順をよくお読みいただきご申請ください。
当協会への申請

※なお、当協会へのご申請の場合は別途、JASRAC・NexTone等の著作権等管理事業者への手続きが必要となります。詳細は著作権等管理事業者へお問い合わせください。