一般社団法人 日本レコード協会
サイト内検索 サイト内検索
サイトマップ 関連リンク ENGLISH
全データ一覧 お問い合わせ 採用情報
日本レコード協会について 各種統計 調査レポート 発行物 各種情報
Recording Industry Association of Japan
音楽CDに関わる人々と著作権
音楽CDに関わる人々
音楽CDには数多くの人々が関わっていますが、著作権法上の権利者は次の3者です。
【著作者】・・・・ 著作物を創作する人で、音楽CDの場合は作詞家・作曲家が該当します。
【実演家】・・・・ 著作物を演じたり、表現する人で、音楽CDの場合は歌手や演奏家が該当します。アーティストとも呼ばれます。
【レコード製作者】 音を最初に固定(録音)して原盤をつくった人で、音楽CDの場合は歌唱・演奏を録音し原盤を製作するレコード会社などが該当します。
著作権精度の概要
図
  【著作物】 著作権法では、「思想または感情を創作的に表現したものであって、文芸、学術、美術または美術の範囲に属するものと定義されています。具体的には小説、講演、音楽、美術、映画、コンピュータ・プログラムなどがこれにあたります。音楽CDに関しては、収録されている楽曲や歌詞が著作物として著作権法で保護されます。
  【著作権】・・・・ 著作物を創作した著作者に与えられる権利
  【著作隣接権】 著作物を人々に伝達する者に対し、著作物の創作に準ずる行為として実演家レコード製作者などに与えられる権利(著作隣接権は、実演家・レコード製作者以外に、放送事業者・有線放送事業者にも与えられています。)
  【実演】 著作物を演劇的に演じ、舞い、演奏し、歌い、口演し、朗詠し、またはその他の方法により演ずることをいいます。
  【レコード】 テープ、CD、ハードディスクなどの物に音を固定(録音)したものをいいます。
著作隣接権の意味(大切さ)
音楽は、楽曲・歌詞だけがあってもそれを表現するアーティストがいなければ、その素晴らしさは一般の人にはなかなか伝わりません。また、アーティストがライブなどで歌唱・演奏するだけでは、音楽を楽しむ機会が限定されてしまいます。そこで、アーティストの歌唱や演奏をより広く、より手軽に楽しめる機会が求められます。レコード会社は、レコード製作者として、楽曲や歌詞の作品づくり、アーティストの歌唱・演奏、そして録音に深く関わることを通して、よりよい音楽作品づくりに努めます。そうしてできた音楽をCDにして流通させることによって、多くの人が手軽に音楽を楽しむ機会を広げているのです。このように、音楽を伝えていくことに重要な役割を果たしている実演家とレコード会社を初めとするレコード製作者に対して著作隣接権が与えられているのです。
レコード製作者の権利
レコード製作者は何に対して権利を持っていますか? レコード製作者は、自らが録音した原盤や原盤から複製したCDなどに収録されている音(レコード)に対して、権利を有しています。

レコード製作者はどのような権利を持っていますか? 著作権法で与えられたレコード製作者の権利は、大きく「許諾権」と「報酬請求権」に分けられます。
1.許諾権 他人がレコード製作者の許可なく音(レコード)を利用することを止めることができる権利。
これには以下の4つがあります。
複製権 送信可能化権 譲渡権 貸与権
2.報酬請求権 他人が市販用のCDなどを使用することを止めることはできないが、その使用の対価を請求することができる権利。これには以下の2つがあります。
貸しレコードについて報酬を受ける権利 商業レコードの二次使用料を受ける権利
※詳細はこちらをご覧ください。「専門的な内容を知りたい方に」
※詳細はこちらをご覧ください。「日本の著作権法で保護されるレコード」