ホーム > レコード産業界の歴史


レコード産業界の歴史

1800年代
1860〜1899年
1900年代
1902〜1939年
1940〜1949年
1950〜1959年
1960〜1969年
1970〜1979年
1980〜1989年
1990〜1999年
2000年代
2000〜2009年
2010年〜

1960年〜1969年

  レコード協会関係 音楽・レコード産業界関係 諸制度 メディア関係その他
1960.9       カラーテレビ本放送開始
1961   2トラックと4トラックのフィデリパックのカートリッジ規格決定    
1962.4     17cmレコード物品税10%  
1963   フィリップス社、コンパクト・カセットテープ発売
国産SPレコード(78回転盤)生産中止
   
       11 日本蓄音機レコード協会、レコード寄贈開始      
1964.10       東京オリンピック開催
1965   リアジェット社とRCAビクター社、8トラック・カートリッジテープ発売    
       4   日本ビクター、ステレオテープ発売    
       4     17cmレコード物品税13%  
1966   国産テープレコード発売開始    
       4     レコード物品税15%、17cm以下は13%(1968年3月31日まで)  
       7       ビートルズ来日
1967       NHK放送技術研究所、デジタル録音機の試作機を完成
       2     ステレオ基準ディスクレコードJIS制定  
       5   全国レコード卸同業界設立    
1968.3       NHK、FM本放送開始
       7       電電公社ポケットベルサービス開始
1969   米国オーディオデータ社、マトリックス4チャンネル・システムを発表    
       1       難聴解消のため、東京ケーブルテレビジョン設立
       4 日本蓄音機レコード協会、日本レコード協会の改称      
       6       NHK放送技術研究所、ステレオ方式のデジタル録音機の試作機完成